めっちゃたっぷりフルーツ青汁 妊婦

妊婦さんでも安全に飲むことは可能?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁,めちゃフル青汁,妊婦,授乳中,子供

めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)の公式サイトでは、妊娠中の妊婦さんや授乳中、子供も飲んでも大丈夫、といわれています。

 

 

青汁成分にたくさんの酵素、フルーツや野菜のエキスも含まれているめっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)は、妊娠中の妊婦さんや授乳中、子供の栄養補給としても活用できます。

 

 

妊娠中の妊婦さんや授乳中、子供でも安心してめっちゃたっぷりフルーツ青汁((めちゃフル青汁)をカロリーが少なく飲めるのはうれしいですが、実際に、医者の立場としてはどうなのか、気になったので調べてみました。

 

 

厳密に、サプリメントが赤ちゃんに与える影響を調べるには、妊婦さんに協力してもらって臨床試験を行い、データを集めて調べる以外に方法はないそうです。

 

 

でも、妊婦さんに臨床試験に参加してもらうことは倫理上できないので、影響があるのかどうか、よくわからない、というのが本音のようです。

 

 

ただ、栄養素のなかで唯一認められているものは、葉酸です。妊婦さんは、妊娠1ヵ月以上前から妊娠3ヶ月までは十分な葉酸を摂った方がいい、といわれています。

 

 

葉酸をとることで赤ちゃんの先天性疾患の一つ、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らせるからだそうです。神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄を作る元になる神経管という管の細胞の一部がふさがってしまう病気です。

 

 

普段の食事で葉酸を含む食品をできるだけ摂るようにして、それで足りない場合は、葉酸を添加した栄養機能食品や加工食品の利用、さらに葉酸サプリメントの活用も考えられるようです。

 

 

でも、サプリメントの利用は、複数成分が混ざっていることもあって成分どうしの相互作用や過剰摂取の心配もあるので、かかりつけの医師に相談するか、薬剤師に聞いたうえで利用するようにした方がいい、とのことです。

 

 

日本で赤ちゃんの障害のリスクを減らせると考えられる栄養素は、葉酸だけだそうです。あと、気になる栄養素としては、ビタミンAがあります。ビタミンAの過剰摂取は、赤ちゃんの奇形に関係している、といわれています。

 

 

妊娠3ヶ月までは葉酸をできるだけ食べ物から摂るようにして、妊娠期間中はビタミンAの過剰摂取に気をつけること、これは覚えておいた方がいいようです。

 

 

さて、葉酸をたくさん含む食品としては、どんなものがあるでしょうか。

 

 

野菜のなかでは、ホウレンソウ、グリーンアスパラガス、春菊、ブロッコリー、かぼちゃ、青梗菜、ふきのとう、大豆もやし、白菜。その他には、アボガド、くるみ、マンゴー、パッションフルーツ、エリンギ、そらまめ。肉類では、鳥、豚、牛のレバーに多く含まれています。

 

 

レバーは葉酸をたくさん含んでいますが、同時にビタミンAも多いので、たくさん食べると過剰摂取になる可能性もあります。量には十分、気をつけましょう。

 

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)の青汁成分である大麦若葉や明日葉にも葉酸は含まれています。可食部100g中に含まれる葉酸は、大麦若葉には400?、明日葉には100?ということです。

 

 

葉酸は800?/日であればいいそうですが、普通の食事だけでは無理なのでサプリメントの利用も考えた方がいいようです。

 

 

妊婦さんは、めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)の公式サイトも参考に、体調が気になる時や、わからないことがあれば、医師や薬剤師に相談してください。

 

 

>>めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)の詳細はコチラ


関連ページ

めっちゃたっぷりフルーツ青汁とすっきりフルーツ青汁を徹底比較!
めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)そのものについて色々ご紹介しております。めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)のことならこちらをご覧になってみて下さい。
カロリーについてご紹介
めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)のカロリーについてご紹介しております。めっちゃたっぷりフルーツ青汁(めちゃフル青汁)のカロリーのことはこちらよりご参照ください。